基礎知識

白髪も脱毛できる!50代から始める将来のためのvio脱毛

将来を考える
45歳女性
将来を考える
45歳女性
私が親の介護をしていたとき、困ったのはしものお世話。オムツを変えるときに、きれいに拭いてあげようと思っても、しもの毛に汚物がベッタリとくっついたりして。清潔にするのがとても大変だったのよ
子どもたちの将来
を考える50代夫婦
子どもたちの将来
を考える50代夫婦
自分が経験した介護の負担を、できるだけ子供には味合わせたくないな。白髪が混じってしまった今からでもアンダーヘアを脱毛できるのだろうか

脱毛というと若い世代が利用するイメージですが、最近では50代からデリケートゾーンの脱毛を始める方がたくさんいます。
その中には「将来自分を介護する人が、しもの世話をするときに少しでも楽になるように」と介護者の負担を考えて【介護脱毛】をする人も。
この記事では介護脱毛と白髪の脱毛についてまとめていきます。

介護脱毛はしたいけど、「vio」という言葉にいまいちピンとこない人は脱毛してあたりまえ?vioってどこか知ってる?の記事を参考にしてください。

40代後半~50代のvio脱毛はアリです

結論からして、40代後半~50代から脱毛を始めるひとは沢山います。

50代から始める脱毛の心配ごとは3つ

①「いまさらvio脱毛」はまったく恥ずかしくない

②vio脱毛は白髪でもできます!

③痛い?やけど?vio脱毛でからだに負担はほぼ無し!

心配ごとについて具体的にみていきましょう。

いまさらvio脱毛はまったく恥ずかしくない【むしろ流行】

40代後半~50代でデリケートゾーンの脱毛をするのは恥ずかしくはないです。
むしろ近年では急増しています。
美容として脱毛するひともいますが、その多くは介護脱毛を目的としています。

vio脱毛は白髪でもできます!

陰毛の白髪は40代くらいから徐々に生えてきます。
なかには若いうちから生えてくるひともいるでしょう。
頭髪の白髪と一緒で、年を取って白髪が生えてくるのは誰しも同じなのです。

ですが安心してください、白髪でも脱毛はできますよ。

方法もいくつかあるのでまとめてご紹介します。

痛い?やけど?vio脱毛でからだに負担はほぼ無し!

vio脱毛経験者からすると、昔はぶっちゃけ痛かったです。
脱毛のパワーを上げ過ぎてやけどしたこともありました。

しかし、最新の技術ではほとんど痛みなく脱毛することが可能になりました。
また、サロンや医療機関で行ってもらう場合は肌の様子にあわせてやってくれるので、やけどの心配もありませんよ。
白髪の場合もいえることなので、自分にあった脱毛方法を選択しましょう。

補足:この記事を書いている人

こんにちは、ごんです。

脱毛サロンで従業員としてたくさんのお客さんに関わってきました。
今から10年以上前の2006年にも、40代後半~50代の方でアンダーヘア脱毛をされる方はいらっしゃいましたが、当時は「介護脱毛」という言葉もなかった時代です。

いまは将来自分の世話をしてくれるひとのために「介護脱毛」としてvio脱毛をする人が増え、恥ずかしいという気持ちのハードルが下がりました。

私は従業員として脱毛サロンで働き、客として脱毛サロンに通い、最終的には自宅で家庭用脱毛器にて脱毛をしています。

つまり「サロン店員」としての目と、「客」としての目を持ち合わせています。
そんな私が今回は「40代50代から始めるvio脱毛について」解説していきます。

尚、脱毛に関して不安に思うことがあればいつでも気軽にTwitterのDMでご質問ください。

質問:介護で楽できるならしたい?

私は「できることなら少しでも負担を減らしたい」です。
もちろん、それは自分が介護「する側」でも「される側」でも同じ気持ちです。

介護脱毛をすると介護が楽になる?【結論:劇的に楽になる】

介護する側を経験した方は、デリケートゾーンの毛が無いと、どれだけ介護が楽になるか分かるかもしれません。
しかし、介護経験がない方はどうでしょうか?
なかなか想像するのは難しいですよね。

それではここで、一緒に将来のことを想像してみましょう。

介護をするときにアンダーヘアが「ある」と「ない」で違うことを下記にまとめました。

vio脱毛せずアンダーヘアがある場合の介護

介護するひと白髪も脱毛できる!50代から始める将来のためのvio脱毛
  • 排泄物が毛にからまり、きれいにするために時間がかかる
  • 毛がじゃまで100%清潔にすることが難しい
  • じゃまな毛をカットする必要があることも
  • 夏場などは特ににおいが気になる
  • 下着を脱がせている時間が長くなり、寒い思いや恥ずかしい思いをさせて申し訳ない
介護されるひと白髪も脱毛できる!50代から始める将来のためのvio脱毛
  • 手間をかけさせて申し訳ない
  • デリケートゾーンを清潔にするために時間がかかるので恥ずかしい
  • アンダーヘアの処理をされるとき申し訳なく恥ずかしい思いをする
  • 長い間パンツ・オムツをおろした状態で拭き取るので寒い
  • においが気になる
  • 不衛生やムレがきになる

vio脱毛してアンダーヘアがない場合の介護

介護するひと白髪も脱毛できる!50代から始める将来のためのvio脱毛
  • からまる毛がないので、排泄物をきれいに除去できる
  • 一目でどこが汚れているか、肌が荒れていないかなどチェックできる
  • においが気にならない
  • 恥ずかしい思いをさせる時間を減らせる
介護されるひと白髪も脱毛できる!50代から始める将来のためのvio脱毛
  • 家族や介護者にかける手間が減って安心できる
  • アンダーヘアの処理を介護人にさせなくてすむ
  • 恥ずかしい思いをする時間が減る
  • 不快感がなく、清潔でにおいやむれも気にしなくていい

介護を「するひと」も「されるひと」も、vio脱毛をしておけばどちらも嫌な気分になることがありません。

40代50代から始めるアンダーヘアの脱毛方法

40代後半から50代の方がvio脱毛をする場合、心配になるのは「白髪でも大丈夫か?」ということですよね。
今アンダーヘアが白髪じゃなくても、今後白髪になるかもしれない。

脱毛期間は方法によっては2年以上かかるものもあります。
途中で白髪になってしまってアタフタするよりも、最初から「白髪対応」の脱毛方法を選ぶのがベストといえます。

白髪脱毛対応で安心のvio脱毛【蓄熱式か針脱毛】

脱毛の種類

①光脱毛・・・「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR(蓄熱式)脱毛」

②レーザー脱毛・・・「単発式」「蓄熱式」

③針脱毛

脱毛の方法にはいくつか種類がありますが、結論としましては、白髪に対応している脱毛は①②の場合は蓄熱式のみと、③「針脱毛(ニードル脱毛・電気脱毛)」となります。

①「光脱毛(フラッシュ脱毛)」

脱毛サロンで行われている脱毛のほとんどはこの手法でです。
光脱毛は「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」の3つがあります。

「IPL脱毛」は光をあてることで、毛根にあるメラニン色素にダメージを与えて脱毛するもっとも一般的な光脱毛です。

「SHR脱毛」は「蓄熱式」脱毛で、従来の光脱毛とは違い、バルジ領域に刺激を与える最新の光脱毛です。

白髪も脱毛できる!50代から始める将来のためのvio脱毛

バルジ領域って?脱毛や毛の仕組みについてもっと知りたい方は□リンク

光脱毛で白髪に有効なのは「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」のみです

②「レーザー脱毛(医療脱毛)」

医療機関で行われている脱毛です。
レザー脱毛には「単発式」と「蓄熱式」があります。

単発式レーザー脱毛は、光脱毛と同じくメラニン色素に刺激を与える脱毛方法です。光脱毛との違いは「毛を生やすもとの組織を確実に破壊する」ことです。

蓄熱式レーザー脱毛はバルジ領域に熱を加え破壊します。
バルジ領域は毛とつながっている部分ではないので、毛が生えていなくても関係ありません。つまり白髪でも脱毛が可能なのです。

白髪も脱毛できる!50代から始める将来のためのvio脱毛

レーザー脱毛で白髪に有効なのは「蓄熱式」のみです

③「針脱毛(ニードル脱毛・電気脱毛)」

医療機関や一部のエステサロンで行われている脱毛の手法です。
一般的に永久脱毛とよばれるものは、こちらの針脱毛のことです。
「フラッシュ法」「ブレンド法」「絶縁針脱毛」があります。

脱毛の種類についてもっと知りたい方は※リンク

針脱毛は白髪に有効です

どれを選ぶ?白髪脱毛対応のvio脱毛

光脱毛、レーザー脱毛、針脱毛、どの方法でも白髪の脱毛が可能ということがわかりましたね。
それではそれぞれの脱毛方法のメリットデメリットを知って、自分にあった脱毛方法を考えてみましょう。

光脱毛
(SHR脱毛のみ)
レーザー脱毛
(蓄熱式のみ)
針脱毛
別名フラッシュ脱毛
SHR脱毛
医療脱毛
蓄熱式脱毛
バルジ脱毛
ニードル脱毛
電気脱毛
永久脱毛
施術場所脱毛サロン医療機関医療機関
「絶縁針脱毛」
脱毛サロン
「フラッシュ法」
「ブレンド法」
痛み・かなり少ない
・温かい程度
・従来のレーザー脱毛より痛くない・毛穴に直接針を刺すのでかなり痛い
施術期間毛周期を気せず
いつでもできるので
期間が短い
毛周期を気せず
いつでもできるので
期間が短い
一つ一つの毛穴に対し施術するため
時間がかかる
施術方法毛をはやす命令を出す
「バルジ領域」に
ダメージを与える
毛をはやす命令を出す
「バルジ領域」に
ダメージを与える
一つ一つの毛穴に
電気針をいれて
電流を流し
「毛乳頭」を破壊する
メリット・痛みが少ない
・施術期間が短い
・比較的安い
・痛みが少ない
・施術期間が短い
・永久に生えてこない
デメリット2017年に登場した
最新の脱毛方法のため
実績が少ない
2017年に登場した
最新の脱毛方法のため
実績が少ない
毛の本数や施術の時間で金額をきめるため
費用が高額
施術可能な店舗LACOCO
ストラッシュ
ウィクリニック
エミナルクリニック
アリシアクリニック
エステティックTBC
「スーパー脱毛」Dione
「ハイパースキン法」

白髪の脱毛方法を痛みや効果で考える

まず「痛いのはいやだ!」というひとには光脱毛(SHR脱毛のみ)をおすすめします。

痛みの強さは

光脱毛(SHR脱毛) < 蓄熱式レーザー脱毛 < 針脱毛

の順で強くなっていきます。

「痛くてもいいので、効果が高いものがいい!」というひとには針脱毛をおすすめします。

針脱毛は唯一の永久脱毛ですから、将来も安心ですね。
しかし、その分痛みはかなり強いといいます。
医療機関では麻酔を行うところもありますので、どうしても針脱毛をしたいけど痛みに不安な方は医療機関での施術をおすすめします。

白髪の脱毛方法を費用で考える

「できるだけ安くすませたい」ひとには脱毛サロンの光脱毛(蓄熱式)をおすすめします。

脱毛にかかる費用は

光脱毛(SHR脱毛) < 蓄熱式レーザー脱毛 < 針脱毛

の順で高くなっていきます。

特に医療機関で行うレーザー脱毛や、手間がかかる針脱毛は高額になりやすいです。
あんまりお金を使いたくないなというひとは、脱毛サロンでの光脱毛がおすすめです。

まとめ:vio脱毛はいくつから始めても、白髪でも大丈夫

40代、50代だからといって、アンダーヘアの脱毛を諦める必要はありません。
脱毛はいまや若い世代だけのものではなくなりました。

最新の脱毛設備を使えば、痛みなく白髪を脱毛することも可能です。

将来の自分のことや家族のことを考えて、トライしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:脱毛タイプで選ぶおすすめの脱毛サロン(リンク)